• アワーレガシー
  • トレビアン
  • ワイエムシー
  • ワンハンドレッド
  • コモンプロジェクツ

TASCHEN
JEAN-MICHEL BASQUIAT BOOK [ENGLISH EDITION]

2,590円(税込)

商品詳細

TASCHEN(タッシェン)タッシェンは、ドイツの出版社。1980年にベネディクト・タッシェンが設立した。美術・建築・デザイン書などを中心に扱っております。当初はタッシェン・コミックスとして設立され、ベネディクトの漫画のコレクションを出版していたが、のちに美術書などを扱うようになりました。 仕事、文化、地域社会との交点を探り、様々な分野においてクリエイティブなカルチャーや人々にスポットを当て発信しています。
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。 バスキアの芸術は"挑発的二分法"と呼ばれるもので、「金持ちVS貧乏」「分離VS統合」「外側VS内側」といったように二分法に焦点を当てるのが特徴である。バスキアは、歴史的な事や現代社会問題に対する批評を、詩、ドローイング、絵画などテキストとイメージを織り交ぜながら、抽象的また具象的に描く。 バスキアは、1人1人の深い真実を踏み台に、絵の中にそれらを社会批評として表現する。バスキアの詩は非常に政治的であり、人種差別や植民地主義を批判し、階級闘争を積極的に支援する。 1988年、27歳のときにスタジオでヘロインオーバードーズが原因で死去。バスキアはよく高価なアルマーニスーツ姿で絵を描き、公衆の前でもアルマーニスーツ姿で現れる事が多かった。
※こちらの商品は文章が英語になります。

詳細は下部のアイテム詳細をクリック↓

スタッフコメント

越浦
絵でみても楽しめる一冊。美容室、カフェなどに置いても楽しい1冊です。

アイテム詳細

  • ページ数: 95
  • 判型: 215 x 265mm
  • ハードカバー
  • こちらの商品はメール便対応です。
    ヤマトメール便送料(170円)
    注意: 代引きでのご注文はメール便対応しておりません。 代引きでご注文頂いた場合は自動的に通常のヤマト宅急便での配達に変更させて頂きます
在庫数 在庫0個 売切れ中
SIZE

SOLD OUT
   
  • TEL:076-255-1997
  • 営業時間:12:00-20:00
  • 石川県金沢市竪町2番地

Your recent history

Other page